シンガポール日和 -第三話-

a0157704_3594347.jpg



シンガポール初めての朝
絶好の晴れと今までにない不思議な景色を見た



ビルが建ち並ぶ街並 たくさんの木々
遠くに見える都会も実はすぐそこで
窓越しに木々を眺めているといつの間にかビルの陰



自然 と 人間
境界線がなくて 全てが自由な感じ
なんだろう
初めてじゃないような不思議なキモチでバスに乗っていました




a0157704_482527.jpg






初日はシンガポールの名所を案内してくれる半日ツアーに参加した



文化の違い
この国はどこに行ってもキレイ
それは国の決まりが日本より厳しいから
それをまもって暮らしているから
ゴミのポイ捨の罰金 結構な金額なんだよ



タバコ ガムなんて論外的な雰囲気
電車で水飲んでたのも本当はあまりよくないのか
無駄に視線を感じたような気もした
異国のしきたりや法律も「知らなかった」でどこまで通じるかわからない
知恵だけじゃダメなこともあるよね





a0157704_47291.jpg

a0157704_472374.jpg







現地の衣食住は大分違いを感じた
商店街ならぬ現地の住民が買い物をするマーケットに行った




売っているものは同じ でも
きっと調理のしかたが違うんだろうね




生きたまま とかざらにいた



カエルとか カエルとか あと カエルとか
野生のものと違って養殖は綺麗なものしか食べていないから
ばい菌もなくて 鶏肉みたいにおいしいんだとか




やー
思わず写真には撮ったけどblogに残したくないので
何百匹のカエル
ご想像におまかせします



a0157704_4224446.jpg

a0157704_4222532.jpg

a0157704_4231658.jpg








果物売り場と花屋の色鮮やかさには驚いた
なにこれ 食べるもの って思うようなフルーツもたくさんあったよ
定番はバナナみたいでどこのお店にも色とりどりのバナナ達






a0157704_42612.jpg





自転車の籠にかかったバナナもまた新鮮で
旅行だけだと分からない現地の人の暮らしも相見える感じがした




気がかりは、現地の人はあの生きたカエルを3匹セットで買って・・
そのあとを考えるのはやめたけど
気になる所です



小学生が好きな子に素直になれなくてちょっかい出すみたいな
いや、違います
恐いもの見たさだきっと
その調理方法等は
知るべき時が来たらその時に胸に刻む事にします




a0157704_433757.jpg





この売り場に着いた時ガイドの方の注意があった
洋服は買うなと
「Lサイズの服は1度洗濯するとMサイズ、2度目にはSサイズになるよ 本当だよ」と
どれだけ縮むんだ とか本当に始終想像耐えない環境が楽しい




a0157704_4393961.jpg




観光と衣食住ではきっとまた感じ方も違うだろうね
アジア料理大好きなあたしとしては気になるところ


寺院の綺麗な景色を次回ご紹介します(^^
シンガポール日和 -第二話-


achico
by achico_m426 | 2010-07-17 04:46 | diary


daily of my photography life


by achico_m426

プロフィールを見る

外部リンク

以前の記事

2013年 04月
2012年 09月
2012年 07月
more...

最新の記事

いま観る香る先の色
at 2013-04-13 05:16
nowadays
at 2012-09-23 02:29
7月の終わりに
at 2012-07-29 01:52
0613
at 2012-06-14 21:46
ko HAKU gawa
at 2012-06-08 02:37

記事ランキング

ブログジャンル

写真家
アート・デザイン

その他のジャンル